Vintage photo Colorful medical pills

自然に勃起させる

the drugs

ED治療薬のバイアグラは、1998年にアメリカのファイザー社という製薬会社から発売されました。
元からEDを治療するために開発されたのではなく、主成分であるシルデナフィルを使って狭心症の治療薬として研究を進めていたところ、偶然にも勃起の手助けをしてくれる効果があるということが分かり、世界で初めてのED治療薬としてバイアグラが誕生したのです。
バイアグラという名前には「VITAL」と「NIAGARA」の2つの単語が組み合わされていて、男性の生命力がナイアガラの滝のように溢れて出てくるという意味が込められているんですよ。
次に、バイアグラを服用すると体の中でどのような働きをしてくれるのかを見ていきましょう。
男性の体には陰茎がありますが常に勃起しているというわけではなく、平常時は小さな状態を保っていますよね。
日常生活を送る上でいつも勃起している状態ですと何をするにも不便ですから、体内には勃起を抑制する酵素があります。
それが性的興奮を感じると、血管拡張作用を持つ物質が増加して勃起するという仕組みなのですが、普段は勃起を抑制する酵素がこの物質を抑える働きをしてくれているために勃起しない状態を保っているんですね。
ただ、心因性EDになると勃起を抑制する酵素が多く分泌されてしまい、勃起しにくい状態を作り上げてしまうのです。
バイアグラを服用すれば、主成分であるシルデナフィルが勃起を抑制する酵素をバラバラにして、血管拡張作用を持つ物質の働きを手助けしてくれることで自然に勃起できるようになるのです。
ただしバイアグラは性的な興奮を感じることで勃起しやすくさせるものであり、服用してたちまち勃起するのではないということを覚えておきましょう。